配合されている成分を良く調べる

商品自体には無添加と書かれていても、どういう意味の無添加かは期待どおりではないことがありますので、まずは確認をする必要があります。一般的に、基礎化粧品を選ぶ時には無添加と記載されてさえいれば、肌への負担が少なく済むという印象があります。無添加と書かれている基礎化粧品なら、どれでも肌に優しいだろうから、その中から考えればいいという判断は誤りです。基礎化粧品はその名の通り、お肌を整えるための基礎となる大切なものです。
なぜこの商品は無添加と主張しているのか、その定義が明確でない状態で、漠然と無添加化粧品という書き方がされていることがあります。注意していただきたいのは、無添加という言葉は、以前表示を義務付けられていた化粧品表示指定成分が添加されていないということです。法律では、アレルギーを起こすリスクがある成分を、表示しなければならないものとしています。かなり昔につくられた制度なので、化粧品表示指定成分には、最近になって合成可能になった成分が含まれてはいません。
近年に開発された成分で、化粧品表示指定成分ではないけれど、添加物と同じように使われている成分もあります。それでも、化粧品表示指定成分以外の化学成分が入っている場合でも、無添加と表示している基礎化粧品があるかもしれません。納得のいく基礎化粧品を選ぶためには、無添加の意味が確認できて、配合成分が何かがチェックできるものにしましょう。どの化粧品メーカーも安全性に気をつけて製品作りとしていると思いますが、配合されている成分を良く調べてから、基礎化粧品を選ぶことをおすすめします。
敏感肌用の美白化粧品